動画配信の需要が高まってきている

動画配信に興味のある方はいらっしゃいますか?現在の日本では動画配信を利用している人が急激に増えてきており、需要が高まってきているんです。動画配信であれば様々なアプローチのプロモーションが出来ますので、ユーザだけではなく積極的に動画配信を行っている企業も増えてきています。この記事では動画配信について紹介をしていきたいと思います。動画配信に対して難しいイメージを感じている方も少なくないと思いますが、簡単なんですよ。

ダウンロード配信と疑似ストリーミング配信

最近では急激に需要が高まってきている動画配信ですが、配信方法には2つの種類が存在しているんです。それは「ダウンロード配信」と「擬似ストリーミング配信」の2種類です。ダウンロード配信は導入がとても簡単です。初期費用を一切掛ける事なく配信出来ます。擬似ストリーミング配信ではストリーミングサーバーを使用していますので、動画が再生されるまでの間がとても短いんです。どちらの配信方法もそれぞれ長所があります。動画配信を行う際は、自身のスタイルに合った配信方法を選びましょう。

疑似ストリーミング配信に必要なもの

疑似ストリーミング配信を行う場合は大きく分けると3つのものが必要となります。まずエンコーダーです。動画ファイルなどを適度なサイズに圧縮してくれるソフトの事をエンコーダーと言います。2つ目はストリーミングサーバー。ストリーミングサーバーはネット上で動画を配信する為に必要となりますので、欠かせないですね。最後は再生プレーヤーです。再生プレーヤーはエンコードされたものを再生するソフトです。例えば「Real Player」などが最も一般的ですね。

ストリーミング視聴とは、動画サイトなどで動画を視聴する際に、動画をダウンロードしながら再生を行うことをいいます。そのため、ストレス無く動画を視聴することができます。