部屋の用途に合わせて照明器具を選ぶ。

照明器具は、現代の生活においては絶対に必要なものとなっていますが、ただ単に電気がつけばいいのではなく、さまざまな状況を考えて最適な照明器具を選ぶ必要があります。例えば、子ども部屋では子どもが勉強をしたり、本を読んだりする機会が多いことが予想されるため、部屋の照明はできるだけ明るくする必要がありますし、寝室においては就寝直前に明るい光を浴びていると睡眠障害が起きることも考えられるため、暗めの照明にしたり、明るさを調節したりできる機能のついたものを選ぶのがいいと思います。

部屋の大きさに合わせて照明器具を選ぶ。

照明器具にはさまざまな種類がありますが、部屋の大きさに合ったものを選ぶことが重要です。照明器具には、使用するにあたってそれぞれに適した部屋の大きさが表示されており、いくら価格が安いからとか、デザインが気に入ったからといって最適な部屋の大きさよりももっと大きい部屋で使用すると、部屋全体が暗くなってしまい、不便になってしまうことがあります。照明器具を買う際は、必ず使用する部屋とその照明器具を使用するのに最適な部屋の大きさを確認して購入するようにしましょう。

使用頻度によって照明器具を選ぶ。

照明器具は、従来からの白熱球や蛍光灯や、近年主流になってきたLEDなどがありますが、使用頻度によって最適な照明器具は変わってきます。例えば、トイレや洗面台などそれほど長く使用しない場所では、点灯して明るくなるのに時間がかかる蛍光灯は不向きで、白熱球やLEDが向いていますし、玄関の門灯など比較的長時間つけることが多いところでは、消費電力が大きい白熱球は不向きです。適切な照明器具を使用することは、自宅での生活を快適なものにすることにつながるので、よく考えて最適なものを選んで使用するようにしましょう。

照明は対象を明るく照らすための設備ですが、使用の度に電気代が発生します。電気代を節約するためにはこまめに電源を切ったり、消費電力が少ないLEDライトを使用するなどの工夫が不可欠です。